居眠り運転撲滅ならイネムラン

『イネムランの販売は、総代理店 株式会社フェイスが行います。』

  • 居眠り運転撲滅ならイネムラン|商品について
  • 居眠り運転撲滅ならいねむり予防|いねむり予棒
  • 居眠り運転撲滅ならいねむり予防|ショッピング

たかが居眠り、されど居眠り。


 
居眠りを軽く見ていてはいけません。

居眠りは時に重大な事故につながる元凶なのです。

2012年に起きた関越自動車道高速バス居眠り事故は記憶に新しいですが、死者7名、乗客乗員39名が重軽傷を負っています。

 

運転手は刑事罰を受け、運営会社は倒産しました。いねむり運転

この事故は、あなたとは関係のない話と受け止めている方も多いことでしょう?

 

でも、もし、あなたの大事な人が運転手だったら?

もし、あなたの大事な人がバス運行会社やタクシー会社に勤めている、あるいは経営をしていたら?

居眠りはあなたの大事な人が人生を棒に振る可能性がある一大事なのです!

あなた自身にも!

 

もちろん居眠り事故はこの事例だけに留まりません。

大小様々な居眠り事故が現在進行形で起こっています。

世の中に「絶対」はあり得ません。

私は大丈夫と思っていても、いつ災難が降りかかってくるかわからない不透明な時代に入っています。

それだけ、世の中は「万一」という事例に溢れています。

 

「万一」の為に保険という制度が存在します。

しかし、保険は「万一」の時の保証になっても、「万一」の予防にはなりません。

「万一」を予防する、それが居眠り感知器イネムラン&いねむり予棒です。

 

居眠りは我慢しないで、すぐ仮眠

いねむり研究家はじめまして!居眠り研究家の佐溝と申します。
「居眠りは我慢しないで、すぐ仮眠」をスローガンに居眠り運転撲滅運動の普及活動をしています!

 

睡眠を充分取っていたとしても、午後14時~15時、午前3時~4時に眠気は襲って来ます。何故ならば、体内時計や、人間のメカニズム自体が眠気を誘発するからなのです。
控えの運転手が何人居ようと、いねむりは、ゲップやおならと同じように起こります。

 

チェルノブイリの原発事故、先述した関越道の事故も午前4時だったのです。

自動運転システムが実用化されない限り、いねむり運転根絶は不可能かもしれません・・・。

 

そこで僭越ながら私が発明したのが、居眠り感知器イネムランといねむり予棒です。
私自身が居眠り運転をしてしまい、単独事故を起こしたのがきっかけで「交通安全お守り」くらいの安価な居眠り感知器を作りたいと一念発起しました。

 

いねむり特有の頭が“カクン”となる動きと“獅子脅し”を見て閃き、傾斜センサーを考案しました。
耳掛け式いねむり感知器を9年間で世界18ヶ国に輸出、累計30万個を販売しています。
◇大型トラックの事故の約55%は追突事故であり、これによる死亡事故率は、乗用車に比べて 約12倍高いという事故分析結果があります。

 

◇ ドライバーの65%が運転中に眠気により危険を感じたことがあり、この65%のドライバーのうち68%は、実際に居眠り運転の経験があると回答しています。

 

◇ わたくしも居眠り事故を経験しましたが、幸いにして単独事故であった為に物損だけで済みましたが、悲惨な人身事故の新聞記事を読みますと、胸が痛くなります。

 

◇ 目が半開きで意識が飛んでいる状態を『マイクロスリープ (数秒間睡眠状態に陥る)』が2~3秒間断続的現れ→まばたきが多くなり→頭がカクンとなる“いねむり”がはじまります。
◇ いねむりは、『予知出来ない生理的現象』だということを頭に置き、頭がモヤッとしてきたら我慢しないで直ぐ安全な場所に停車し、仮眠(15分以上寝ない)することが何より大切なのです。

 

※ 緊張感を回復させる為に本器(居眠り感知器)を装着し、わざと頭を振って、振動か、音を誘発させて眠気を覚まし、一刻も早くサービスエリアか安全な場所に停車してください。
※ 眠気は口腔内の粘膜が乾いて来ると眠くなることも研究でわかりました。太めの筆記具(直径1cm程度)を2~3分咥えると、口腔内に空気が入り、唾液が分泌されて脳に血液や酵素を送り込むことで眠気が覚めます。効果は絶大です!

 

居眠り感知器をさらに普及させることで、いねむりによる事故が1件でも少なくなることを目指しています。

 

 いねむり研究家

佐溝 浩三

 

世界でのシェアナンバー1

2005年NAP ALARMがおかげさまで居眠り防止装置のシェアNo.1になりました。日本で居眠り防止の特許出願は19件ありますが、居眠りを医科学的に分析・研究し、大掛りな装備でなく、お求め易い価格で製品化した結果、皆様に支持されました。
 
一時的なヒット商品に終わることなく、定番商品として、もっと普及して多くの皆様の交通安全に寄与できればと考えております。
 
1/16(金)20:00テレビ東京「世界を変える100人の日本人!」という番組に取上げられました。身に余る光栄です。予想を超えた大きな反響に開発者、会社共々嬉しい悲鳴を上げております。居眠りでお困りの方がこれだけたくさんいらっしゃるという事を再確認し、より効果がある居眠防止器を開発して行く所存であります。
 
模造品に関する注意事項
 
最近、市場に出回るナップヴァイーブの模造品が増加しています。弊社ではこうした偽物を製造販売をしている業者の特定に力を入れていますが、コピー商品は、主にインターネットで販売されています。コピー商品を販売するに際し、弊社がメディアに掲載された事実をアピールし、あたかも弊社製品であるかのような広告までしています。
 
模造品の製造・販売は、罰金や没収といった処分だけでなく、禁固刑または懲役刑を受ける可能性もある違法行為です。弊社は、こうした詐欺行為を行なう業者を調査した上で、しかるべき法的手段に訴える所存です。
 
お客様に安心して製品をお使い頂くためにも、弊社が指定している正規製品販売店でお買い求め頂けるようお願いします。
※コピー商品が販売されているなどの情報をお知らせ頂いた方には薄謝を差し上げますので下記へご連絡ください。
contact@takanoha.info (スパム防止の為、@マークを大文字にしています。メール送信の際は小文字に置き換えて下さい。)
03-5364-9050
 
海外に広がるコピー商品について、下記にてさらなる情報がご覧になれます。
 
○特許庁/模倣品対策 http://www.jpo.go.jp/index/mohouhin.htm
 
○政府模倣品・海賊版対策総合窓口 http://www.meti.go.jp/policy/ipr/index.html